• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

オンラインレッスン

皆様こんにちは。
コロナウイルスの影響が世界中で広がり、教育機関にも多くの影響が出ており、多くの公演も中止となり一日も早い収束を心より願っております。
欧米では外出禁止になりすでに数週間が経とうとしていますが、学校や習い事はほとんどオンラインレッスンとなっています。

さて、恵比寿教室は5月連休明けまでお休みとさせて頂き、全てオンラインレッスンへ切り替えさせて頂きました。
久我山教室の方でもピアノ・チェンバロレッスン共に、ご希望の生徒の皆様へオンラインレッスンをさせて頂いております。

以前に2年間、香港にお住まいの生徒とチェンバロのオンラインレッスンをしていました。その間、確実に上達していきましたので効果はきちんとあります。普段のレッスンと同様、生徒の皆様の方でレッスン前後の予習・復習をして頂きますと、更に上達します。

大体、2週間以上レッスンが空くと練習がだらけてきたり、1人で練習を続けることがおっくうになってきてしまいます。これは、誰でもそうです。

そんな時にオンラインレッスンがあると、目標になり練習をするきっかけにもなります。

オンラインレッスンでは、通常のレッスン同様に多くのことを学ぶことができます。

●宿題の確認
●練習方法(練習するポイントをお伝え致します。)
●片手ずつ譜読みのチェック
●目的(レッスンがあると自宅で一人で練習しているよりも、効率的に上手になります。)
●今後の課題や宿題
●日頃、練習中に分からない箇所などをご質問頂きお答え致します。

オンラインレッスンは、Line,メッセンジャー、スカイプ、zoom,Facetimeなど対応しておりますが、皆さまが使いやすい方法でさせて頂きますのでお気軽にご相談下さい。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

終了!3/21チェンバロ公開レッスン

2 students came to the harpsichord masterclass on the 21st of march.

3/21チェンバロ公開レッスンが終了しました。


私が通っていた桐朋学園音楽教室で聴音を教えて頂いた見延先生が、男の子の生徒2名を連れてお越し下さいました。初めてチェンバロでバッハ:シンフォニア&フランス組曲第3番🇫🇷を演奏をしてくれました。
チェンバロは、ピアノよりも鍵盤が軽い&ピッチが半音ピアノよりも低い為、始めは慣れるまで不思議な感覚だったようですが、アーテイキュレーション、テンポを安定させる為に歌いながら歩いたりしました。

また、装飾音は大人でもなかなか難しいのですが、よく弾いてくれていました。
しかし、装飾が難しい部分は無意識に全体のテンポが遅くなってしまうことがあります。
常に重要なのは、左手のバスと和声、転調、終止形です。

練習方法の1つとして、左だけ弾いてチェロだったらどの様にフレーズやアーテイキュレーションをするのか?イメージして歌いながら弾くこと。

それとは別に、装飾音の部分は腕を脱力して指先だけで弾けるように取り出して練習をすることを提案させて頂き、一緒に弾いてみました。
バッハのインベンションやシンフォニアはピアノ🎹だけのイメージでなく、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなど弦楽3重奏やDuoで弾いても綺麗な曲だと思います。


鍵盤楽曲以外のチェロやヴァイオリンの無伴奏組曲やブランデンブルク協奏曲などを聴いてボーイングの仕方などに親しむことで、より立体的なイメージが掴めると思います。

今後もこのような機会を通じて、できるだけチェンバロに触れる機会を作っていきたいと思います。

 

 

花と音楽

皆様いかがお過ごしでしょうか。

毎日暗いニュースが多いですが、春を感じる季節となりました。

お花はいつでも可憐に咲いていて、ほっとしますね。

一刻も早く落ち着くことを心より願っております。

世界中の音楽家が自宅から音楽を発信していますね。

こういう時だからこそ、音楽を通して自己を見つめる時間が大事ではないかと思います。

音楽はどんな時も共に過ごせる、また心を豊かにしてくれる人間にとって必要不可欠なものではないかと思います。

音楽は目に見えませんが、花のように人の心を照らし、かすかな感覚や感情を多くの人々と共有できる素晴らしいものだと思います。

どうぞ皆様もご自愛下さい。

毎年近所に咲く紅梅の混ざったお花。

延期のお知らせ 5月31日(日)チェンバロ トークコンサート in 世田谷

この度、5/31スペシャル1dayイベント!の開催ですが、新型コロナウィルス拡大に伴い検討しました結果、今回は開催を見送るという判断に至りました。

延期後の日程は未定ですが、また決まりましたら、皆様に是非ご報告させていただきたい次第です。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ーーーーー以下のイベント、延期となりました。

チェンバリスト曽根麻矢子さんのプロデユースの特別企画です!

チェンバロ トークコンサート

場所:松本記念音楽迎賓館

曽根麻矢子 チェンバロマスタークラス
奥秋浩一「大切な食のお話 〜免疫力を高める!発酵、マクロビオテイックなど〜」
植山けいトークコンサート&曽根麻矢子の連弾も必見!!

フランス音楽(デュフリ、クープラン、フォルクレなど)&バッハ:フランス組曲第5番をお楽しみ頂けます。
(懇親会)奥秋先生の発酵甘酒

コンサートのみ3、500円
お得な1日通し券9、000円

学生券2,000円(小学生ー大学生)もございます。
ご都合の宜しい方は是非お越し下さい。

 

安達正浩さん製作のフランス様式のチェンバロで演奏させて頂きます。

木のぬくもりとステンドグラスが素敵な空間です。

場所:松本音楽記念迎賓館

アクセス:電車&バスでお越しの方

http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

東急田園都市線「二子玉川駅」よりバスを利用の場合

東急コーチ玉31成育医療センター行き、または玉32美術館行き
停留所「もみじが丘」または「岡本三丁目」下車
徒歩4~5分

小田急線「成城学園前駅」よりバスを利用の場合

東急バス都立01都立大学駅北口行き
停留所「岡本三丁目」下車 徒歩4~5分

 

 

2021年6月へ延期 6月12日(金)チェンバロリサイタル

この度、6/12チェンバロリサイタルは、新型コロナウィルス拡大に伴い検討しました結果、1年後の2021年6月へ延期させて頂くこととなりました。

延期後の日程は未定ですが、また決まりましたら、皆様に是非ご報告させていただきたい次第です。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「植山けいチェンバロリサイタル」2回シリーズ 

2つの新しいプログラムをお届け致します。

 

6月12日(金)  → 2021年6月へ延期

【フランス風舞曲と音楽の肖像画】 

Dances and Portraits from France

2021年 6月は、フランスの優雅な舞曲と当時の作曲家同志が音肖像画を描くように残した作品

●11月6日(金)  【1685年生まれの大作曲家】

The great composers of 1685

11月6日(金)は、1685年生まれの大作曲家3人によるイタリア様式の名曲をお楽しみ頂けます。

 

6月12日(金)  → 2021年6月へ延期

【フランス風舞曲と音楽の肖像画】 

Dances and Portraits from France

J.S バッハ

フランス組曲 第5番

J.S.Bach (1685-1750) French Suite No. 5 in G major, BWV 816

ジャック・デュフリ 

アルマンド、クーラント、シャコンヌ クラヴサン曲集第1巻,第II巻より

Jacques Duphly (1717-1789) «Allemande, Courante, Chaconne»
extraits des Pièces de clavecin, livres I et II

フランソワ・クープラン

フォルクレ クラヴサン曲集第3巻 第17オルドルより

François Couperin (1668-1733) «La Superbe ou la Forqueray», extrait du XVIIème ordre des Pièces de clavecin, 3ème livre

アントワーヌ・フォルクレ

フォルクレ、クープラン、ルクレール、ラモー、シルヴァ、ジュピター クラヴサン組曲第1番、第2番、第5番より

Antoine Forqueray (1671-1745) «La Forqueray, La Couperin, La Leclaire, La Rameau, La Sylva, Jupiter»
Extraits des Pièces de clavecin, 1ere suite, 2ème suite, 3ème suite

11月6日(金)  【1685年生まれの大作曲家】

The great composers of 1685

J.S バッハ

半音階的幻想曲とフーガ、イタリア協奏曲

J.S.Bach (1685-1750) Chromatic Fantasia and Fugue  BWV 903, Italian Concerto BWV971

ヘンデル Handel (1685-1759)

シャコンヌ 

Chaconne in G major, HWV 435

ドメニコ・スカルラッティ

ソナタ

K.9, K.18, K.56,K.58, K.108, K.141, K.208

Domenico Scarlatti (1685-1757) Sonatas
        *曲目は奏者の都合により変更になる場合がございます。

植山けい:チェンバロ   Kay Ueyama, Harpsichord

2004年パオロ・ベルナルディチェンバロコンクール第2位(イタリア)。第19回国際古楽コンクール<山梨>チェンバロ部門第3位。 これまでアメリカ、オランダ、シャペル・ロワイヤル(ヴェルサイユ宮殿、フランス)、ブリュッセル王立楽器博物館(ベルギー)などで演奏会を行う。2012年【バッハ:ゴルトベルク変奏曲】を初リリースし、フランスディアパゾン誌新人賞、レコード芸術で特選盤並びに朝日新聞推薦盤に選出。2018年イギリスデビュー。同年【J.Sバッハ:6つのパルティータ】の録音がレコード芸術で準特選盤に選ばれた。桐朋学園大学ピアノ科、アムステルダム音楽院チェンバロ科卒業。これまでにチェンバロをメノ・ファン・デルフト、クリストフ・ルセ、故ユゲット・ドレフュスの各氏に師事。京都市立芸術大学非常勤講師。桐朋学園大学古楽器科嘱託演奏員。Kay Music Academy主催。 www.kayueyama.com

主催:C&K  後援:キングインターナショナル、桐朋学園音楽部門同窓会、日本チェンバロ協会

3/21 チェンバロ公開レッスン

皆様、こんにちは。
新しく、久我山でチェンバロ・公開レッスンを行います。

2月は嬉しいことに小学5年生の男の子(フランス組曲)と女の子(インベンション)&お母さま(平均律)をチェンバロで初めて演奏して下さいました。

●第2回 チェンバロ公開レッスン

3/21(土)14:00-16:00

14-15:00は予約済ですが、15:00からお時間ございます。

場所:有松スタジオ
(京王井の頭線:久我山駅より徒歩10分)
杉並区久我山3-39-16

これは、できるだけ多くの方にチェンバロを体験して頂きたいという想いから、気軽に弾ける機会を作りました。

画面↓下のフォームよりお申込み頂けます。

●チェンバロを弾いてみたい方
●ピアノでバロック音楽を弾いているけれど、より詳しく知りたい方
●ピアノを習っている小学生~大人の方
●ピアノ講師

開場は、久

久我山にある有松スタジオになります。

有松スタジオにて

私自身、ピアノを習っていた小学生の頃より、「古典舞曲集」や「プレインベンション」、「インベンション」、バッハの「フランス組曲」や「イギリス組曲」「平均律」などを学んできました。

桐朋音高・音大のピアノ科の時は、バッハは真面目というイメージでした。

しかし、大学を卒業後にアメリカでピアノを学ぶと同時に副科でジャズの即興とチェンバロを始めました。目から鱗でした。
ジャズの自由さにも驚きましたが、チェンバロのレッスンで、今まで知らなかった色々なバロック音楽を紹介して貰い、楽譜の読み方が根底から覆されました。

楽譜から、何を読み取るのか?
拍子や調性の特色は?
この曲は舞曲の様式なのか?

それまでは、先生に言われた通りに弾くことばかり考えていましたが、チェンバロに出会い歴史的背景やどの様な時代に書かれたのか、他の作曲家からの影響や、どの様な様式が当時盛んだったのか、色々と調べるようになりました。

パリ・サルコルトー

作曲家が残してくれた楽譜は、手紙のように貴重な資料です。
そこから何を読み解くのか。
終わりのない謎なぞのようですが、出来る限り作曲家の見地に近ずきたいと思います。
一生かけても作曲家と同じ深い読み方に到達するか分かりませんが、それが音楽の面白さでもあると思います。

 チェンバロのタッチはピアノよりも軽いのでお子様でもメヌエットなど楽しんで弾いて頂けます。

日本では、まだまだチェンバロに触れる機会が少ないです。
フランスでは、8才から市の音楽教室でピアノと並びチェンバロも選択することができます。
その為、フランスでは多くの優秀なチェンバリスト(フランスではクラヴにストと言います)が活躍しています。

レッスンは、3つの時間よりお選び頂けます。
30分(お子様や短い曲)3,000円
45分(本格的に学びたい方)4,500円

60分(フランス組曲など曲数が多い場合)6,000円

ご質問などあれば、お気軽にご連絡下さい。

お名前(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所 〒(必須)

住所

ご希望のレッスンの枠に「希望」とご記載下さい。

第2回 3月21日(土)15:00
30分レッスン 3,000円


第2回 3月21日(土)15:00
45分レッスン / 4,500円 


第2回 3月21日(土)15:00
60分レッスン 6,000円

演奏曲目をお書き下さい。ご質問があればお気軽にどうぞ。

画像内の文字を入力してください。(必須) captcha

①チェンバロ調律講座

チェンバロ奏者は、自分で数日おきか毎日調律をしないといけません。

大事なコンサートは自分の楽器を自宅から会場へ運搬し、自分で調律するチェンバロ奏者も多いです。

楽器を管理する為、1年中一定した湿度を保つよう加湿器&除湿器を駆使しても、調律は狂ってしまいます。

まるで、生きているように繊細です。木も季節の変化と共に伸縮して変化します。

ピアノ奏者はお気に入りの調律師に1年に1-2回来て頂くのが通常です。

チェンバロやスピネット、クラヴィコードをレンタル、またお持ちの生徒の皆様にとっても、調律は知っておくべき重要なことです。

調律師の牧田啓佑さんをお迎えして「調律講座」を開催しました。

第1回目は調律の理論を分かりやすく教えてくださいました。

牧田さん特製の”ピザのような模型”で、見えないセントや音のうなりを可視化して下さいました。

第2回目はヴァロッティの音律と基本のメンテナンス(弦の張替や爪の削り方)を自分でできるように実践編を行います。

今から楽しみです!

 

2020年チェンバロ発表会終了!

Harpsichord student concert has finished.


チェンバロ発表会が無事に終わりました。

素晴らしい安達さんのフレンチダブルのチェンバロとステンドグラスの素敵な松本記念音楽迎賓館の贅沢な空間でした。
皆様お疲れ様でした!

1/11 チェンバロ発表会

新年明けて早々にチェンバロの発表会があります。

曽根麻矢子さんプロデユースで昨年8月より行ってきた通奏低音講座の最終回として、コレッリのヴァイオリンソナタをアンサンブルで演奏の発表会も合わせて行います。

ご興味のある方は、ご自由にお聞き頂けますので是非お越し下さい。

ステンドグラスのお部屋でフランス様式のチェンバロの音色をお楽しみ頂けます。

1/11(土)通奏低音講座発表会&チェンバロ発表会

場所:松本記念音楽迎賓館

13:15

平松晶子  (ヴァイオリン) ■コレッリ ヴァイオリンソナタ 作品5の10 ヘ長調
江浦仁美 (ガンバ) A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 Fa-maggiore
(チェンバロ)
吉岡祐美、佐藤大介 プレリュード Preludio
中山英子、深松加絵 アルマンダ Allamanda
中川嘉子 サラバンダ Sarabanda
稲垣潤子 ガヴォッタ Gavotta
赤木千華 ジガ Giga
■コレッリ ヴァイオリンソナタ 《ラ・フォリア》作品5の12 ニ短調
奏者全員 A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 “La Folia”

チェンバロ発表会 14:00~

1 青柳千佳

(チェンバロ)

■ バッハ ガンバソナタより 第1楽章、第3楽章
 岡本希輔

(コントラバス)

J.S.Bach (1685-1750) Sonata for Viola da Gamba BWV1028 D-Major : Adagio, Andante
2 廣田泰子 ■バッハ フランス組曲第4番より アルマンド、サラバンド、メヌエット
J.S.Bach (1685-1750) Französische suiten Nr.4 BWV815 Es-dur : Allemande, Sarabande, Menuet
3 利光 眞裕美 ■ヘンデル 組曲第5番より プレリュード、エアと5つの変奏
G.F.Handel (1685〜1759) Suite Nr.5 E-dur HWV430 : Prelude, Air and 5 Doubles
4 中山美穂 ■バッハ カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」
J.S.Bach (1685-1750) 1. アリオーソ 旅を思いとどまらせようとする友人たちのやさしい言葉
3. 友人一同の嘆き
4. 友人たちは集まり、別れを告げる
5. 郵便馬車の御者のアリア
Capriccio on the departure of a beloved brother BWV992
1. (Adagio) Arioso.
3. (Adagiosissimo)
4. Allhier kommen die Freunde und nehmen Abschied.
5. Aria di Postiglione
5 中山英子 ■バッハ パルテイータ第1番より プレリュード、サラバンド、メヌエット、ジグ
J.S.Bach (1685-1750) Partita No.1 BWV825 B-dur : Prelude, Sarabande, Menuet, Gigue
6 佐藤大介 ■ルイ・クープラン プレリュード、クーラント、サラバンド、シャコンヌ
L.Couperin (1626-1661) Prelude, Courante, Sarabande, Chaconne in la
7 山本明日美 ■フォルクレ クラヴサン曲集 第5組曲より ラモー、ボワッソン
J.B.Forqueray (1699-1782) 5ème Suite pour le clavecin : Rameau, Boisson

謹賀新年 2020

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様にとって、音楽と共に素敵な年になりますように。

 

新年明けて早々にチェンバロとピアノの発表会があります。

ご興味のある方は、ご自由にお聞き頂けますので是非お越し下さい。

ステンドグラスのお部屋でフランス様式のチェンバロの音色をお楽しみ頂けます。

1/11(土)通奏低音講座発表会&チェンバロ発表会

場所:松本記念音楽迎賓館

13:00-

チェンバロとヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏です。

チェンバリスト曽根麻矢子先生と8月より6回シリーズで行ってきた伴奏法(アンサンブル)の最終会は、皆様の前で発表をさせて頂きます。

平松晶子  (ヴァイオリン) ■コレッリ ヴァイオリンソナタ 作品5の10 ヘ長調
江浦仁美 (ガンバ) A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 Fa-maggiore
(チェンバロ)
吉岡祐美、佐藤大介 プレリュード Preludio
中山英子、深松加絵 アルマンダ Allamanda
中川嘉子 サラバンダ Sarabanda
稲垣潤子 ガヴォッタ Gavotta
赤木千華 ジガ Giga
■コレッリ ヴァイオリンソナタ 《ラ・フォリア》作品5の12 ニ短調
奏者全員 A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 “La Folia”

チェンバロ発表会 14:00~

1 青柳千佳

(チェンバロ)

■ バッハ ガンバソナタより 第1楽章、第3楽章
岡本希輔

(コントラバス)

J.S.Bach (1685-1750) Sonata for Viola da Gamba BWV1028 D-Major : Adagio, Andante
2 廣田泰子 ■バッハ フランス組曲第4番より アルマンド、サラバンド、メヌエット
J.S.Bach (1685-1750) Französische suiten Nr.4 BWV815 Es-dur : Allemande, Sarabande, Menuet
3 利光 眞裕美 ■ヘンデル 組曲第5番より プレリュード、エアと5つの変奏
G.F.Handel (1685〜1759) Suite Nr.5 E-dur HWV430 : Prelude, Air and 5 Doubles
4 中山美穂 ■バッハ カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」
J.S.Bach (1685-1750) 1. アリオーソ 旅を思いとどまらせようとする友人たちのやさしい言葉
3. 友人一同の嘆き
4. 友人たちは集まり、別れを告げる
5. 郵便馬車の御者のアリア
Capriccio on the departure of a beloved brother BWV992
1. (Adagio) Arioso.
3. (Adagiosissimo)
4. Allhier kommen die Freunde und nehmen Abschied.
5. Aria di Postiglione
5 中山英子 ■バッハ パルテイータ第1番より プレリュード、サラバンド、メヌエット、ジグ
J.S.Bach (1685-1750) Partita No.1 BWV825 B-dur : Prelude, Sarabande, Menuet, Gigue
6 佐藤大介 ■ルイ・クープラン プレリュード、クーラント、サラバンド、シャコンヌ
L.Couperin (1626-1661) Prelude, Courante, Sarabande, Chaconne in la
7 山本明日美 ■フォルクレ クラヴサン曲集 第5組曲より ラモー、ボワッソン
J.B.Forqueray (1699-1782) 5ème Suite pour le clavecin : Rameau, Boisson

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy