• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

12/22 埼玉大学主催公演 「音楽の贈りもの」

すっかり秋になりましたが、台風が多く心配です。

さて、年末にあるコンサートのお知らせです。

 

埼玉大学主催公演「音楽の贈りもの」

場所:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール

(入場無料:先着600名様)

日時:12/22日(日)

ーーー

217:30 開始予定

バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第5

マレ/コレッリ:フォリア(バロックダンス&アンサンブル)

ーーー

パリでバッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲ツアーをトリオ・ワンデラーのチェリスト:ラファエル・ピドウー氏やパリ管弦楽団のメンバーとフランス&スイスツアーをしてから10年が経ちました!

第5番 冒頭部分

バッハ:自筆譜 チェンバロ カデンツァ部分

思い出の第5番を日本でも演奏させて頂けるのが大変嬉しいです。第1楽章には有名なチェンバロの長大なカデンツァがあります。

まだチェンバロが主に伴奏楽器だった時代に、バッハが初めて超絶技巧を駆使したこの協奏曲を書き、ソロの楽器として確率した重要な曲です。

 ブランデンブルク伯の肖像画

1721年ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯クリステイアン・ルートヴィヒに6曲からなる「ブランデンブルグ協奏曲」が献呈された。

桐朋学園大学時代にバロックダンスを教えて頂いた浜中康子先生の踊りと共に「フォリア」を演奏させて頂きます。

チェンバリストの曽根麻矢子さんプロデユースの通奏低音講座を8月より3回させて頂きましたが、ちょうどコレッリ:フォリアを課題曲に取り上げています。

実際にバロックダンスがどの様に踊られるのか同じステージで見られるのは楽しみですね。

ご都合が宜しければ、是非お気軽にお越し下さい。

アクセス

https://www.saf.or.jp/arthall/access/

 

東京フィルガラコンサート終了

Gala concert of Tokyo philharmony with Karl Heinz Schutz (Vienna philharmony:solo flute) and Andrea Battistoni has finished at the Tokyo Opera city.

 

東京フィルハーモニー&アンドレア・バッティストーニ&カール・ ハインツシュッツさん(ウイーンフィル フルート奏者)とのガラコンサートが無事に終わりました。

●プログラム
バッハ:フルート・ソナタ組曲 BWV1030 より第1楽章
(Fl カール・ハインツシュッツ & Cemb植山けい)
バッハ:管弦楽組曲第2番 (Fl カール・ハインツシュッツ)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」より“夏”(Vn:三浦章宏 東京フィルハーモニーコンサートマスター)

今回はガラコンサートでしたので、有名な楽章だけ取り上げられ、聞きやすいプログラムでした。

カールさんは美智子様とも演奏されたそうですが、とても気さく&上品なジェントルマンで、黄金のフルートから美しい音色がホールに響き渡っていました。

リハーサルは本番4日前に初めてお会いして30分(2回通して細かい打ち合わせ)、本番当日に2回通してコンサートでした。

楽譜に記載されているバッハが細かく記載したニュアンスやアーテイキュレーションを、とても丁寧に演奏されていました。

楽譜のスラーやニュアンスの解釈の仕方が近かった為、限られた時間内のリハーサルでもパッと合い演奏ができました。

カールさんが「バッハのフルートソナタをこんなに大ホールで弾くのは初めて」と終わって言っていたので「私も」と。

もともとバッハの時代にソナタなどは、サロンなど、こじんまりとした空間で演奏されていたと思います。

チェンバロの上鍵盤の弱音p(ピアノ)が聞こえるのか心配でしたが、お客様も集中して下さり、静寂と程よい緊張感に包まれました。

カールさんはリハーサル中、英独仏語ミックスで話されていましたが、伝えたいことは同じなのであまり関係ないのでしょうね。

お互いにフランスに留学していたので、主にフランス語でコミュニケーションを取っていました。

しかし高校3年間学んだにも関わらず、使う機会がないまま忘れてしまったドイツ語は、クラシック音楽をやる上でやはり話せたらいいなと改めて感じました。

この夏からイタリア語を始めていますが、指揮者のアンドレアさんはロミオとジュリエットの街、ヴェローナご出身の明るいイタリア人です。
片言のイタリア語でご挨拶をしたら、演奏の指示をイタリア語でバーッと言われたのですが、間違って理解してはいけないので、
「ドレミ」で歌って確認しました。(笑)

後半はオペラから華やかな明許きシリーズでした。

オランダ留学中も、3-4カ国を話す人はかなり多く驚きました。隣国に囲まれ、過去に攻められた歴史のある国は特に数カ国語話せる人が多いですね。

私達日本人の言語はヨーロッパ言語から遠いためハンデイはあるかもしれません。

しかし、西洋音楽を演奏する者にとって、言語と音楽のリズムはとても密接だと思いますし、17、18世紀の作曲家当時の文献を言語で読む際には英独仏伊語は必要だと改めて思いました。

音楽でもドイツ、フランス、イタリア、フランス、イギリス各様式により特徴が異なるのは、言語の響きの違い=美しいと感じる音や抑揚の違いから由来しているものも大きいと思います。

いつのまにか語学談義になってしまいましたが、秋のコンサートは一先ず終わったのでほっとしました。

9月-来年1月まで、毎週京都の同志社女子大学へ通い、ピアノ科の生徒へチェンバロ副科&授業をさせて頂いています。

9/22東フィル・ オーチャードホール終了

秋の気配を感じる季節となりました。


9/22に渋谷Bunkamura オーチャードホールで、東京フィルハーモニー&指揮:アンドレア・バッティストーニ&vl:木嶋真優とのヴィヴァルデイ「四季」の2回目公演が行われました。


サントリーホールでの1回目公演から1週間ほど経ってからの2回目の公演でしたが、テンポ感やアンサンブルも落ち着いた感じにまとまったのではないかと思います。

ヴァイオリニストの木嶋さんと終演後に。

とても素敵な体験をさせて頂きました。お越し頂いた皆様に感謝申し上げます。

10月はクローズドですがガラコンサートで東フィル&ウイーンフィルの首席フルート奏者カール・ハインツシュッツさんとバッハのフルートソナタやバッハ:管弦楽組曲を演奏させて頂きます。

東京フィル定期公演 ヴィヴァルデイ四季

皆様こんにちは。
やっと秋らしくなってきました。
さて、東京フィル定期公演のヴィヴァルデイ「四季」で演奏させて頂いています。
9月13日(金)サントリーホール
9月22日(日)オーチャードホール
指揮 アンドレア・バッテイストーニ
ヴァイオリン 木嶋 真優さん

Vivaldi: 4 seasons has finished with Tokyo philharmony & Mayu Kishima &Andrea Battistoni at the Santory hall. What a night!

 ぶらあぼ記事
東京オペラシティ・タケミツメモリアルホールで2回のリハーサルが行われました。

木で作られた素晴らしいホールです。

リハーサル開始前はチェンバロ&指揮者&ソリストの木嶋さん&チェロの方とコンタクトが取れるか配置などを確認をします。

チェンバロは、Von Nagel【フォン・ナーゲル】というパリの製作家によるフランス様式の楽器です。

♪♪~♪♪~♪♪~♪♪~♪♪~♪♪

9/13(金)1回目の公演がサントリーホールで無事に終りました。

本番当日のゲネプロ

チェンバロはパリ製のWilliam Dowd 【ウイリアム・ダウド】のフランス様式です。弾きやすく良く鳴りましたが、大ホールの為どこまで聞こえていたでしょうか・・・

木嶋さんのフーシアピンクの素敵なドレスが映えます。

ステージからの眺めは圧巻です。

素晴らしい集中力と緊張感のある演奏で、満席の会場が静けさに包まれました。

 駆けつけて下さった生徒のご家族と


佐渡裕&スーパーキッズオケ in 神戸


Great concert with Yutaka Sado &super kids orchestra. They also played in UNESCO and Notre-dame cathedral after the Tohoku earthquake to thank people for their great support in 2012. It was really impressive!

佐渡裕監督&スーパーキッズオーケストラと兵庫芸術文化センターにて2公演(8/31と9/1)、バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番のチェンバロパートで出演させて頂きました。


厳しいオーデイションに合格した小学生ー高校生まで日本中&イギリス留学中の子など、素晴らしい演奏でした。
夏は皆で合宿をして東北や熊本で6日間12公演をしたり、3.11の翌年には支援してくれたフランスの方々へのお礼にユネスコ&ノートルダム寺院でもこのオケを率いて演奏したとのことです。

佐渡監督を含め、ご指導されていたVlの小野明子さん、Vlaの大槻桃子さん達の一致団結した子供の可能性と才能を引き出す熱意が伝わってきました。

佐渡監督のトークの中で印象的だったのは、成功する人は
①才能②努力③運
の他に「感謝の気持ち」でそれが2倍、0、7倍、半分になる人と分かれるのではないかと仰っていました。また、落ち込んだ時こそ「ありがとう」を思い出して頑張ってと子供達を励ましている姿が印象的でした。

8,9月コンサートのお知らせ

2019年

8月、9月公演のお知らせ

猛暑日が続いています。
さて、コンサートのお知らせです。神戸でバッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番、またヴィヴァルディ:四季を東京フィルハーモニーの公演でチェンバロパートを演奏させて頂きます。
すでに完売とのことで、身を引き締めて臨みたいと思います。

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ2019

2019年8月31日(土)17:00

芸術文化センター KOBELCO大ホール(完売)
ブランデンブルク協奏曲第3番にチェンバロで出演させて頂きます。
%e8%8a%b1%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af

東京フィルハーモニー第925回サントリー定期シリーズ

9月13日(金)19:00 サントリーホール (完売)

9月22日(日)15:00 第926回オーチャード定期演奏会(完売)

指揮:アンドレア・バッティストーニ
ヴァイオリン:木嶋真優*
ヴィヴァルディ/『四季』*チェンバロで出演させて頂きます。

通奏低音講座第1回目終了

皆様こんばんは。蒸し暑いですね。
チェンバロにとっては除湿をしないと調律が日々狂う悩ましい季節です。

さて、4時間半に渡る第1回目の通奏低音講座が無事に終了致しました。

今回初めてご参加される方もいらっしゃいましたので、通奏低音の数字の基本を前回ご参加の方にとっては復習も兼ねて、ヘンデルの演習を実際に弾きながら見て行きました。


また、コレッリの弟子と言われているジェミニアーニによる通奏低音のリアリゼーションも分かりやすい例、また当時のイタリアでどの様なスタイルで伴奏がされているのかを見る貴重な資料でもあるので、ファクシミリから実際に弾いてみました。


その後、課題曲のコレッリのフォリアやソナタから難しい数字の部分を取り出し、細かく見て行くと同時に、アチャカトウーラやモルデントなど装飾についてもパスクイーニの例から取り出してみて行きました。

次回は、テンポでスラスラとコレッリの課題曲を弾けるように和声進行の配置などに気を付けて見て行きたいと思います。

通奏低音講座 コレッリソナタ&フォリア

皆様、雨が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年度、チェンバロ奏者の曽根麻矢子先生プロデユースで「通奏低音講座」をご一緒させて頂きました。
チェンバロでアンサンブルを弾きたい方、通奏低音は何?と興味のある方、チェンバロのソロを既に勉強されている方がたにご参加頂きました。

6回目の最終会にはトラヴェルソとガンバ奏者の方と一緒にオットテールとテレマンを演奏し、発表会を行いました。

その続きとして、6回コースで2019年7月より2020年1月まで6回に分けてコレッリのヴァイオリンソナタOp.5-1とフォリアを勉強していきます。
(曽根麻矢子先生のブログ詳細ページはこちら)

第1回目が無事に終了致しました。第2回目は8月11日に開催致します。
ご興味のある方は見学も可能ですので、曽根麻矢子先生の事務局へお問い合わせ下さい。

七夕にチェンバロを弾こう!

7月7日(日)門下生弾き合い会「七夕にチェンバロを弾こう!」を行いました。

皆様、いつも練習を積み重ねている曲をそれぞれ演奏し、その後はお茶会&感想を交換する会を行いました。

毎回、皆様上達している様子をお互いに感じられて、とても良い励みとなると同時に「あの素敵な曲を今度は弾いてみたい」と知るよい機会にもなります。

七夕のプログラムにしてみました!

2020年1月11日に曽根麻矢子先生の門下生と合同で松本記念音楽迎賓館で開催予定です。

今から楽しみです!

5/19(日)チェンバロコンサート ~Plaisir de clavecin~クラヴサンの喜び

今回初めての試みですが、出演する生徒を中心に企画してコンサートを開催させて頂きます。

ちらし・詳細
http://bit.ly/2L2dSL8

佐藤さん、山本さんは共に会社務めをされていらっしゃいますが、音楽をライフワークに大変熱心にチェンバロに取り組んでいます。

★山本明日美さん

アムステルダム音楽院の夏期講習に2年続けて参加しメノ・ファン・デルフト氏やミクロス・スパーニ氏のレッスンを受けユトレヒト音楽祭でも室内楽を演奏されました。また、3月にはクリストフ・ルセのイタリア・フィレンツエの講習会にも参加しました。

2018年大阪国際コンクール 「アーリーミュージック部門」でエスポワール賞を受賞され、チェンバロプレジャーでも準グランプリを受賞されています。

★佐藤大介さん

幼少の頃よりピアノを習い多くのコンクールを受けていらっしゃいました。1年前よりチェンバロを始められ、2018年、見事チェンバロプレジャーのグランプリを受賞され、精力的に色々なレパートリーに取り組まれています。

どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

場所:松本記念音楽迎賓館
東急田園都市線「二子玉川駅」&小田急線「成城学園前駅」よりバス。

アクセス:http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy