• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

8,9月コンサートのお知らせ

2019年

8月、9月公演のお知らせ

猛暑日が続いています。
さて、コンサートのお知らせです。神戸でバッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番、またヴィヴァルディ:四季を東京フィルハーモニーの公演でチェンバロパートを演奏させて頂きます。
すでに完売とのことで、身を引き締めて臨みたいと思います。

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ2019

2019年8月31日(土)17:00

芸術文化センター KOBELCO大ホール(完売)
ブランデンブルク協奏曲第3番にチェンバロで出演させて頂きます。
%e8%8a%b1%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af

東京フィルハーモニー第925回サントリー定期シリーズ

9月13日(金)19:00 サントリーホール (完売)

9月22日(日)15:00 第926回オーチャード定期演奏会(完売)

指揮:アンドレア・バッティストーニ
ヴァイオリン:木嶋真優*
ヴィヴァルディ/『四季』*チェンバロで出演させて頂きます。

通奏低音講座第1回目終了

皆様こんばんは。蒸し暑いですね。
チェンバロにとっては除湿をしないと調律が日々狂う悩ましい季節です。

さて、4時間半に渡る第1回目の通奏低音講座が無事に終了致しました。

今回初めてご参加される方もいらっしゃいましたので、通奏低音の数字の基本を前回ご参加の方にとっては復習も兼ねて、ヘンデルの演習を実際に弾きながら見て行きました。


また、コレッリの弟子と言われているジェミニアーニによる通奏低音のリアリゼーションも分かりやすい例、また当時のイタリアでどの様なスタイルで伴奏がされているのかを見る貴重な資料でもあるので、ファクシミリから実際に弾いてみました。


その後、課題曲のコレッリのフォリアやソナタから難しい数字の部分を取り出し、細かく見て行くと同時に、アチャカトウーラやモルデントなど装飾についてもパスクイーニの例から取り出してみて行きました。

次回は、テンポでスラスラとコレッリの課題曲を弾けるように和声進行の配置などに気を付けて見て行きたいと思います。

通奏低音講座 コレッリソナタ&フォリア

皆様、雨が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年度、チェンバロ奏者の曽根麻矢子先生プロデユースで「通奏低音講座」をご一緒させて頂きました。
チェンバロでアンサンブルを弾きたい方、通奏低音は何?と興味のある方、チェンバロのソロを既に勉強されている方がたにご参加頂きました。

6回目の最終会にはトラヴェルソとガンバ奏者の方と一緒にオットテールとテレマンを演奏し、発表会を行いました。

その続きとして、6回コースで2019年7月より2020年1月まで6回に分けてコレッリのヴァイオリンソナタOp.5-1とフォリアを勉強していきます。
(曽根麻矢子先生のブログ詳細ページはこちら)

第1回目が無事に終了致しました。第2回目は8月11日に開催致します。
ご興味のある方は見学も可能ですので、曽根麻矢子先生の事務局へお問い合わせ下さい。

七夕にチェンバロを弾こう!

7月7日(日)門下生弾き合い会「七夕にチェンバロを弾こう!」を行いました。

皆様、いつも練習を積み重ねている曲をそれぞれ演奏し、その後はお茶会&感想を交換する会を行いました。

毎回、皆様上達している様子をお互いに感じられて、とても良い励みとなると同時に「あの素敵な曲を今度は弾いてみたい」と知るよい機会にもなります。

七夕のプログラムにしてみました!

2020年1月11日に曽根麻矢子先生の門下生と合同で松本記念音楽迎賓館で開催予定です。

今から楽しみです!

5/19(日)チェンバロコンサート ~Plaisir de clavecin~クラヴサンの喜び

今回初めての試みですが、出演する生徒を中心に企画してコンサートを開催させて頂きます。

ちらし・詳細
http://bit.ly/2L2dSL8

佐藤さん、山本さんは共に会社務めをされていらっしゃいますが、音楽をライフワークに大変熱心にチェンバロに取り組んでいます。

★山本明日美さん

アムステルダム音楽院の夏期講習に2年続けて参加しメノ・ファン・デルフト氏やミクロス・スパーニ氏のレッスンを受けユトレヒト音楽祭でも室内楽を演奏されました。また、3月にはクリストフ・ルセのイタリア・フィレンツエの講習会にも参加しました。

2018年大阪国際コンクール 「アーリーミュージック部門」でエスポワール賞を受賞され、チェンバロプレジャーでも準グランプリを受賞されています。

★佐藤大介さん

幼少の頃よりピアノを習い多くのコンクールを受けていらっしゃいました。1年前よりチェンバロを始められ、2018年、見事チェンバロプレジャーのグランプリを受賞され、精力的に色々なレパートリーに取り組まれています。

どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

場所:松本記念音楽迎賓館
東急田園都市線「二子玉川駅」&小田急線「成城学園前駅」よりバス。

アクセス:http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

京都の新緑

新学期が始まり、毎週月ー水曜日は京都の同志社女子大学と京都市立芸術大学(前期のみ)へ通っています。
約20名のピアノ科の生徒に副科チェンバロをのレッスンさせて頂いています。

ピアニストを目指している若い学生に、私自身ピアノ科の時には知らなかった様式やチェンバロのアーテイキュレーション、鍵盤音楽の発展などを親しみやすくお伝えさせて頂ければと工夫をしています。

いつの間にか、毎回富士山を見るのが趣味になりつつあります・・・雄大で素晴らしいですね。

昨年の前期は朝起きて新幹線ーレッスンを1日中して日帰りで夜中に戻ってきていましたが、京都駅構内から出たことがなく、トンボ帰りでした。
後期は前泊をしないと授業始業に間に合わない為、紅葉の季節など京都を散策しました。

同志社女子大のカフェテリア。まるでホテルのようにパノラマのガラスから豊かな自然が見えます。

京都の祇園にある高台寺は、紅葉の季節も大変素晴らしかったですが桜が散った今でも新緑の美しい季節です。

祇園の建仁寺は牡丹の花が満開でした。

京都は、1年いつでも美しいのですね!

 

 

お花見3:高井戸

毎年、井の頭線の高井戸駅から桜がピンクのカーペットのように見えます。
一度行ってみたいと思い、散る間際に最後のお花見へ行ってきました。

夕日に照らされて、とても綺麗でした。

お花見2:井の頭公園

毎年、お花見&紅葉の季節は井の頭公園へ行きます。
江戸時代に歌川広重も描いている芸の神様である弁天神が今も祭られています。
今でも、湧水が出ていてとても美味しいです。

吉祥寺近辺でお時間のある時に、お勧めのお散歩コースです。

 

お花見1:目黒川

皆様こんにちは。
今年の桜は長く咲きましたが、お花見を楽しまれましたか?

恵比寿レッスンの前に満開の目黒川へ行ってきました。

淡いピンクが日本らしいですね。

2019 日仏合同ピアノ発表会終了

2019年2月3日(日)Kay Music AcademyとAFJ Atelier de piano (在日フランス人のためのピアノレッスン)の合同ピアノ発表会が無事に終りました。
講師5名を含む28名の演奏が約3時間に渡って行われました。

  親子3人の6手連弾とは楽しいですね!6 hands with a mother and her children.What a fun!

今回は、初めて渋谷のAtelier by APCのSalle Debussy ドビュッシーホールで開催致しましたが、とてもアットホームなフランス的な雰囲気の中で行われました。

 1年前に初めてピアノを習ったフランス人の生徒も、晴れ舞台となり日仏のお友達が沢山聞きに来て下さいました。

日本人とフランス人の生徒を混ぜての順番で、同年代の国際交流にもなればと思いました。
日本人の生徒は、HelloやBonjour(ボンジュール)とフランス人の生徒に挨拶し、フランス人は”こんにちは”を日本語で挨拶をして隣り合わせで座ったり、リハーサル、本番を行いました。

 懇親会

また、1部と2部の合間にはサンドイッチ、軽食と共に懇親会を行いました。
皆様リラックスして音楽と共にお楽しみ頂けたようです。

 

今年一年の成果が存分に出た素敵な発表会になりました。

春ももうすぐですね!

La seconde édition du concert annuel de piano s’est tenue ce dimanche 3 Février à Shibuya et a été un succès.
Le concert a rassemblé 9 élèves Français et 25 élèves Japonais dans une ambiance accueillante et familiale, tel un concert de salon qui aurait pu se dérouler en France. Tous ensemble, les participants ont partagé un moment de convivialité et de partage. Les 5 professeurs étaient également présents et ont pu jouer des pièces préalablement introduites en français et en japonais pour satisfaire l’ensemble des spectateurs.
Ce jour était particulier puisque les Japonais y célébraient le Setsubun, cette tradition qui consiste à lancer des graines de haricots grillés par les fenêtres en criant “oni wa soto fuku wa uchi”, ce qui signifie “dehors les démons et dedans le bonheur”.
Un public nombreux est venu assister au concert et a pu apprécier de nombreux morceaux, aussi beaux que variés. Les élèves ont pu démontrer leurs progrès de ces derniers mois, faisant la fierté de leurs proches et de leurs professeurs.

Ainsi, l’un des élèves adultes ayant débuté l’apprentissage du piano il y a un an a pu délivrer son ressenti: “Nous avons passé un très bon moment, et nos amis Japonais et Français ont aussi adoré! Merci encore pour l’aide des professeurs et pour nos leçons ensemble. Pouvoir jouer un concert, même avec des morceaux simples, au bout d’un an seulement est extraordinaire !”. Nous vous donnons rendez-vous l’année prochaine pour un nouveau concert de piano!

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy