• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

通奏低音講座第1回目終了

皆様こんばんは。蒸し暑いですね。
チェンバロにとっては除湿をしないと調律が日々狂う悩ましい季節です。

さて、4時間半に渡る第1回目の通奏低音講座が無事に終了致しました。

今回初めてご参加される方もいらっしゃいましたので、通奏低音の数字の基本を前回ご参加の方にとっては復習も兼ねて、ヘンデルの演習を実際に弾きながら見て行きました。


また、コレッリの弟子と言われているジェミニアーニによる通奏低音のリアリゼーションも分かりやすい例、また当時のイタリアでどの様なスタイルで伴奏がされているのかを見る貴重な資料でもあるので、ファクシミリから実際に弾いてみました。


その後、課題曲のコレッリのフォリアやソナタから難しい数字の部分を取り出し、細かく見て行くと同時に、アチャカトウーラやモルデントなど装飾についてもパスクイーニの例から取り出してみて行きました。

次回は、テンポでスラスラとコレッリの課題曲を弾けるように和声進行の配置などに気を付けて見て行きたいと思います。

通奏低音講座 コレッリソナタ&フォリア

皆様、雨が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年度、チェンバロ奏者の曽根麻矢子先生プロデユースで「通奏低音講座」をご一緒させて頂きました。
チェンバロでアンサンブルを弾きたい方、通奏低音は何?と興味のある方、チェンバロのソロを既に勉強されている方がたにご参加頂きました。

6回目の最終会にはトラヴェルソとガンバ奏者の方と一緒にオットテールとテレマンを演奏し、発表会を行いました。

その続きとして、6回コースで2019年7月より2020年1月まで6回に分けてコレッリのヴァイオリンソナタOp.5-1とフォリアを勉強していきます。
(曽根麻矢子先生のブログ詳細ページはこちら)

第1回目が無事に終了致しました。第2回目は8月11日に開催致します。
ご興味のある方は見学も可能ですので、曽根麻矢子先生の事務局へお問い合わせ下さい。

10-12月 通奏低音講座6回シリーズ

皆様こんにちは。これから益々秋も深まってまいりますね。

この度、チェンバリストの大先輩の曽根麻矢子さん主催の通奏低音講座をご一緒にさせて頂くことになりました。

通奏低音を学び、学ぶだけではなく、実際にトラヴェルソやガンバと共にアンサンブルを経験できる貴重なこの機会。是非参加してみませんか?

アンサンブルを通じ、チェンバロのもつ奥深さ、彩り溢れる表現も学べることと思います。最終日の発表会は、完成形を披露する!!というよりはむしろ、受講者様を囲み、お互いに成果を演奏する‥といった趣旨のものになるかと思います。

ご参加を心よりお待ちしております。

《通奏低音講座(全6回)【入門・初級・中級】
~基礎演習と実践〈トラヴェルソとガンバと共に〉~》

【内容】
全6回のレッスンを通して、J-F.ダンドリューの教本での基礎演習、
J-M.オトテールのトラヴェルソのための組曲での実践を通して、通奏低音の基本を身につけます。

※初級の方には、お申込み時点で、こちらで用意した教材のデータをお渡しし、
第1回目10/27(土)までの宿題をお伝えいたします。

●講座日程(全6回レッスン)
①10/27(土)
②日程未定
③11/24(土)
④12/8(土)
⑤12/15(土)
⑥12/22(土)発表会

※時間は、全回10:00~17:00枠内を予定しておりますが、参加人数により、枠内での開始時間や終了時間の変動があります。

午前中は、ダンドリウの演習をグループレッスン。午後は各生徒に担当して貰うオットテールのレッスンを行う予定です。
※①~⑤のいずれも、欠席の場合は補講が必須となります。
※②のみ、日程調整後に別会場でのレッスンとなります。

会場
松本記念音楽迎賓館(東京都世田谷区岡本2-32-15)

●受講料
①~③10.000円(各回毎)
(個人レッスン

初級:植山けい
中級以上 曽根麻矢子

④~⑤15.000円(各回毎)
(トラヴェルソとガンバとのアンサンブルレッスン/曽根麻矢子)

⑥発表会7.000円(参加費として)

●お申込み
03-3709-5951 (松本記念音楽迎賓館)

※申込み締切日:10/22(月)

※受講申込みの際は、
お名前とお電話番号、「通奏低音講座受講希望」とお伝えください。

松本

松本記念音楽迎賓館へのアクセスはこちらをご覧ください。

●成城学園前または二子多摩川園前よりバス

http://ongakugeihinkan.jp/access/

 

6/29-7/1 チェンバロフェステイバル開催!

皆様こんにちは。

今週末に東京・汐留の朝日新聞社の横にある浜離宮朝日ホールにて第5回チェンバロフェスティバル「バッハへの道、バッハからの道」が開催されます!

盛り沢山の内容です。是非お越し下さい。

6月29、30,7/1日 東京 チェンバロフェスティバル 

コンサートや子供のチェンバロ教室、公開講座「パルティータ」を担当させて頂きます。

場所:浜離宮朝日ホール

cembalo_01

https://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/cembalo/

TIME TABLE

6月29日(金)(金) 小ホール

17:00-18:00 レクチャー・コンサートvol.1 演奏とお話:渡邊順生
「バッハが思い描いた音世界~リュート・チェンバロ(ラウテンクラヴィーア)」

当日の有料公演チケットご提示で無料
公演チケットのない方:500円(自由・税込)
(満席の際はご入場をお断りする場合がございます) 詳細を見る

音楽ホール
大理石階段
18:20-18:30 スペシャル・ミニライブ
出演: Les Grâces&植山けい(アカペラ古楽アンサンブル) 無料。どなたでもご覧頂けます。

音楽ホール
19:00-20:30 リサイタル 第1回
曽根麻矢子チェンバロ・リサイタル 4,000円(指定・税込)
お得なセット券あり!

6月30日(土) 小ホール

10:00-10:50 子供のためのチェンバロ教室
指導:野澤知子 無料。どなたでもご入場いただけます。

小ホール
11:30-12:30 レクチャー・コンサート vol.2 演奏とお話:植山けい
「パルティータ~舞曲からバッハの組曲へ」 当日の有料公演チケットご提示で無料
公演チケットのない方:500円(自由・税込)
(満席の際はご入場をお断るする場合がございます)

音楽ホール
大理石階段
12:50-13:00 スペシャル・ミニライブ
出演: Les Grâces(アカペラ古楽アンサンブル) 無料。どなたでもご覧いただけます。
音楽ホール

13:30-15:00 リサイタル 第2回
上尾直毅チェンバロ・リサイタル 共演:阪永珠水(ヴァイオリン) 4,000円(指定・税込)
お得なセット券あり!

小ホール
15:30-16:30 レクチャー・コンサートvol.3 演奏とお話:大井浩明
「20世紀に蘇ったチェンバロ①」 当日の有料公演チケットご提示で無料
公演チケットのない方:500円(自由・税込)
(満席の際はご入場をお断るする場合がございます)

音楽ホール
18:00-20:00 「バッハへの道、バッハからの道」第一夜

バッハ、リゲテイ、パッヘルベル、クープランなど盛り沢山です!
共演:チェンバロ・フェスティバル・アンサンブル 4,000円(指定・税込)
出演: チェンバロ:曽根麻矢子(芸術監督)上尾直毅、植山けい、大井浩明、野澤知子、渡邊順生

7月1日(日)小ホール

10:00-10:50 子供のためのチェンバロ教室
指導:植山けい 無料。どなたでもご入場いただけます。
(満席の際はご入場をお断りする場合がございます)

小ホール
11:30-12:30 レクチャー・コンサート vol.4 演奏とお話:野澤知子
「バッハとフランス音楽」 当日の有料公演チケットご提示で無料
公演チケットのない方:500円(自由・税込)
(満席の際はご入場をお断るする場合がございます)

音楽ホール
大理石階段
12:50-13:00 スペシャル・ミニライブ
出演: Les Grâces&植山けい(アカペラ古楽アンサンブル) 無料。どなたでもご覧いただけます。

音楽ホール
13:30-15:00 リサイタル 第3回
渡邊順生&藤木大地 デュオ・リサイタル 4,000円(指定・税込)
お得なセット券あり!
小ホール
15:30-16:30 レクチャー・コンサート vol.5
演奏とお話:大井浩明、電子音響:有馬純寿
「20世紀に蘇ったチェンバロ②」 当日の有料公演チケットご提示で無料
公演チケットのない方:500円(自由・税込)
(満席の際はご入場をお断るする場合がございます)
音楽ホール

18:00-20:00 「バッハへの道、バッハからの道」第二夜
共演:チェンバロ・フェスティバル・アンサンブル 4,000円(指定・税込)
お得なセット券あり!

出演: チェンバロ:曽根麻矢子(芸術監督)上尾直毅、植山けい、大井浩明、野澤知子、渡邊順生
カウンターテナー:藤木大地
チェンバロ・フェスティバル・アンサンブル
ヴァイオリン:桐山建志、阪永珠水 、髙橋奈緒  ヴィオラ:深沢美奈  チェロ:武澤秀平  コントラバス:長谷川順子
フルート:菊池カナエ  オーボエ:小花恭佳  クラリネット:西川智也
Les Grâces(アカペラ古楽アンサンブル)、有馬純寿(電子音響)

同志社女子大学 5/30(水)特別講座

There will be a lecture by Orhan Memed at the Doshisha women’s university in Kyoto,Japan on the 30th of May,2018. 2 students (1 on the harpsichors,1 on the piano) will also play Bach and have a mini lesson after the lecture.The poster look like a superstar! We are waiting for Orhan in Japan!’

4月より京都、同志社女子大学にて副科チェンバロレッスン、「鍵盤楽器奏法研究」「オルガン・チェンバロ奏法概論」「通奏低音奏法研究」を毎週講義させて頂くことになりました。主にピアノ科の学生へチェンバロ奏法や鍵盤楽器の歴史について指導させて頂きます。東京ー大学まで往復8時間ですが、慣れてきました。

また、この度初来日なさっているオルハン・メメッド氏によるレクチャーがピアノとチェンバロで5/30(水)京都、同志社女子大学にて行われます。一般公開なので、誰でもお越し頂けます。

チェンバロとピアノで1人ずつ学生に演奏して頂きご指導頂く実践編も交えてレクチャー予定です。とても楽しみです。

do1 do2 do3 doshisha

3月19日ロンドン リサイタル

大雪が降り寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

2018年3月19日ロンドンのAsia house、3月20日ケンブリッジ大学でチェンバロリサイタルを行います。

また、同日午後にはロンドンの高校生達にチェンバロの公開レッスンをする予定です。イギリスの博物館には素晴らしい名器が収蔵されています。ヴァージナルやチェンバロなど写真と共にご説明をして実際にチェンバロでバロックの曲を演奏して貰い、ワンポイントレッスンをする予定です。 ロンドン生まれですが、イギリスで正式にコンサートするのは今回は初めてとなります。Cambridge Early Music Societyが招聘して下さり、笹川文化財団とソフトバンクがスポンサーになって下さいました。https://www.cambridgeearlymusic.org/

楽譜の入手が困難だった為、キングインターナショナルよりリリースされた「チェンバロレボリューション」にこの2曲を収録なさっているチェンバリストの有橋淑和さんにご相談して、特別に楽譜を貸して頂きました。また、合わせて日本を代表する「さくら」をチェンバロ用にアレンジして演奏予定です。 その他、イギリスと縁の深いパーセル、ヘンデルから有名な曲をお届け致します。ロンドンにいらっしゃる方がたは、是非お気軽にお越しください。 5

P1150239-_11-32-16-11_

植山 けい

ロンドン生まれ、東京育ち。2004年Paolo Bernaldiチェンバロコンクール第2位(イタリア)。第19回国際古楽コンクール<山梨>チェンバロ部門第3位(日本)。 2012年、バッハのゴルトベルク変奏曲をスイス・ノイシャテル博物館所蔵ヨハネス・ルッカース1632/1745で録音し、フランスDiapason Decouverte、レコード芸術で特選盤並びに朝日新聞For my Collectionに選ばれる。また、デュポールのチェロソナタ集をラファエル・ピドゥー(チェロ)と世界初録音し、レコード芸術で準特選に選ばれる。 桐朋学園大学ピアノ科、アムステルダム音楽院チェンバロ科(オランダ)、ロンジー音楽院チェンバロ修士課程(アメリカ)修了。現在東京とパリを中心にチェンバロ奏者として活躍中。京都市立芸術大学 非常勤講師、同志社女子大学音楽学部嘱託講師。この度、初めてのロンドン公演。www.kayueyama.com

2018 謹賀新年

kado_ic1皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年の抱負は何でしょうか?

私は、今年も多くの方にチェンバロを楽しんで頂きたいと思います。

3月には初めてN響メンバーによる室内アンサンブルとの共演、ロンドンとケンブリッジ大学でのソロリサイタル、4月から毎週京都の同志社女子大学音楽学部へ講義と副科チェンバロのレッスンへ通い始めることになり、6月1日東京オペラシテイ・リサイタルホールにて【パルティータ全曲】CD発売記念コンサート、7/1-2日は浜離宮朝日ホールにてチェンバロフェステイバルとの演予定です。

6

さて、私は年末年始の休暇に籠ってフランスで録音してきた「パルテイータ全集」の編集作業をしていました。
350テイクを全て1音1音聞いて、どのテイクをCDに使うか聞いているので時間がかかります。

まとまった時間がないと長い曲集は作業ができません。
というのも、同じ部分を4,5テイク録っているので音質、装飾音、テンポ、フレーズの流れ、調律などを確認していくと結果的に
何回も行ったり来たり聞き比べるわけです。

慣れてくると1回で判断できるのかもしれませんが、とてもデリケートなことなので緻密な作業が必要です。
やっとパルテイータ第2,3,4番が終わり6番がもう少しで終わります。
そして、第1番と5番のみです。

makingビデオ撮影中。立っているのはエンジニア。
また、CDのプロモーションビデオを今回録りました。
とても素敵なシャトーの雰囲気で撮影して頂きました。
何と、第2番のサラバンドとロンドの4分の撮影に朝9時ー夕方18時までかかりました。

異なるアングルで5つの場所から撮影する為、何度も同じ曲を演奏して動画を繋げて製作しています。
TVのCMなどでもそうですが、15秒の間にどれだけ奥の仕事が凝縮しているのか想像を絶します。

撮影前のカメラのセッテイング、場所決め、照明を準備しても、太陽の日差しが変化する度に照明を移動しながら試行錯誤して録っていました。
フランス人でこんなに真面目で仕事熱心な人がいるのか!と驚くほど綿密な作業をして下さいました。

楽譜を見ながら何小節目までは遠くから段々近ずき、9小節目からは鍵盤のカットを使って・・・と音楽的なカメラマンでした。

現在、最終編集中です。仕上がったら公開致しますのでお楽しみに。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_72e5

1月-3月通奏低音講座 

 ka_06

 

通奏低音特別講座

講師:野澤 知子

場所:Studio Trianon スチュディオ・トリアノン (住所:東京都文京区湯島2-14-3)

地図・アクセス

JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩7分

丸ノ内線御茶ノ水駅から徒歩7分

千代田線湯島駅から徒歩7分

銀座線末広町駅から徒歩7分

大江戸線・丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩7分

http://studiotrianon.wixsite.com/home/studio

2018年

1月

第1回1月14日(日)初級・満席、中上級・満席 

第2回1月28日(日)第1回と同じ第内容 初級&中上級 残席あり

2月

第3回2月18日(日)初級・残席僅か&中上級 残席あり

第4回2月25日(日)第3回と同じ内容 初級・満席&中上級 残席あり

3月

第5回3月11日(日)初級・満席、中上級・満席

第6回3月18日(日)第5回と同じ内容 初級満席&中上級 残席あり

★参加者数が多いため予定していた90分⇒120分に延長して時間変更を致しました。各クラス8名まで限定とさせて頂きます。
満席のクラスが増えた為、同じ内容を月2回開催させて頂く運びとなりました。お早目にお申込み下さい。(1月7日更新)

各回

♪ 初級クラス①13:00-15:00 (120分) 数字の読み方から習います。

♪ 中・上級クラス ②15:30-17:30 (120分) 数字が読める方。

参加費&聴講費 3,000円 初回はプリント配布。2月以降は教材使用。

LockeMelo_p6

通奏低音のスペシャリストである野澤知子先生をお迎えして、講座を行います。

チェンバロ、またピアノを演奏する上で和声を理解することは基本であり大変重要です。

ソロの曲もより理解が深まります。是非、この機会をお見逃しなく!

%e8%8a%b1%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc

●初めての方~上級者まで通奏低音を公開レッスン形式で丁寧にご説明いたします。

●初級:初めて&数字の読み方を知らない方。

中上級:数字を読んで弾ける方。アンサンブルをした経験のある方。

●皆様のご参加をお待ちしています!

IMG_2714

お申込:植山(03)6315-3044 または以下のお申込みフォームにご記載下さい。

♪ 野澤 知子:東京芸術大大学院古楽科修了。パリ市立高等音楽院古楽科にてクラヴサン、通奏低音、古楽アンサンブル、伴奏法を研鑽、満場一致栄誉賞付き最優秀演奏国家ディプロムを得て修了。スチュデイオ・トリアノン主宰。

 

フレスコバルディ チェンバロ講座終了!

 ka_07fb_l_rep_brka_06

チェンバロ発表会を合同で行なっている野澤知子先生をお迎えしてフレスコバルディ・チェンバロ講座を開催しました。

今回はフレスコバルディを取り上げトッカータ序文の和訳を実際に受講生の方に演奏をして頂きながら説明をして下さいました。

ムジカ・フィオーリよりキリエなど、トッカータ、バレッタなどを演奏して頂きました。

1

2

お茶タイムではクリスマスの様な暖かい雰囲気の中、美味しいお菓子を頂きました。

2018年1-3月は通奏低音講座を月一回開催予定です。

ご興味のある方は是非ご参加下さい。

cr_titleban

12月10日(日)第4回チェンバロを弾いてみよう!

♪ 講座のお申込みはこちら 

第4回チェンバロを弾いてみよう!

primolibro_g

2017年12月10日(日)

講師:野澤 知子    植山 けい

① 13:00-14:30

IMG_3006

14:30-15:15 カフェタイム

お飲物をご用意致します。お菓子は参加者が各自持ちよりお茶会をします。

② 15:15-17:00 (*開始時間が15分遅くなりました)

参加費&聴講費 3,000円 

各クラス先着順 受講者10名、聴講5名まで

場所: Studio Trianon

東京都文京区湯島2-14-3 場所のお問合せ:03-6806-0470 JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩7分 丸ノ内線御茶ノ水駅から徒歩7分 千代田線湯島駅から徒歩7分 銀座線末広町駅から徒歩7分 大江戸線・丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩7分

アクセス:http://studiotrianon.wixsite.com/home/studio チェンバロに興味がある方 バロック音楽を勉強したい方、お好きな方 ピアノは弾けて、チェンバロは初めての方 新しいレパートリーに挑戦したい方 チェンバロの魅力をより多くの方に知って頂きたいと思い、気軽に参加できる講座を企画しました。 ●初めての方~上級者までフレスコバルデイを公開レッスン形式で丁寧にご説明いたします。 ●皆様に演奏をして頂きながら、チェンバロでどの様に演奏するのか、アーテイキュレーションやピアノとの違いについて皆で考察します。 ●ご参加希望の方は演奏曲目が重ならないように、事前に演奏曲をご相談させて頂きます。皆様のご参加をお待ちしています!

fb_m_mo_br

●1人10分演奏、講師よりアドバイスを貰えます。公開レッスン形式で色々な曲と演奏をご覧頂けます。楽器やタッチ、様式の違いなど分かりやすくご説明いたします。

●初級の方はバッハ、スカルラッティ、ヘンデル、クープランなど何でもお好きな曲をチェンバロで演奏して頂けます。

中・上級の方

チェンバロ歴2年以上。 テーマ「フレスコバルディ Girolamo Frescobaldi」のお好きな曲 色々な曲に親しむ良い機会です。お気軽にご参加下さい。 どの曲を演奏すれば良いか分からない方はご連絡下さい。

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy