• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

7/7(日)チェンバロ発表会

7月7日(日)午後(詳細が決まり次第更新致します)
チェンバロ発表会(曽根麻矢子&植山けい門下生)

日頃の成果を皆様の前で演奏させて頂きます。
どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

入場無料
場所:松本記念音楽迎賓館
東急田園都市線「二子玉川駅」&小田急線「成城学園前駅」よりバス。
アクセス:http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

5/19(日)チェンバロコンサート ~Plaisir de clavecin~クラヴサンの喜び

今回初めての試みですが、出演する生徒を中心に企画してコンサートを開催させて頂きます。

ちらし・詳細
http://bit.ly/2L2dSL8

佐藤さん、山本さんは共に会社務めをされていらっしゃいますが、音楽をライフワークに大変熱心にチェンバロに取り組んでいます。

★山本明日美さん

アムステルダム音楽院の夏期講習に2年続けて参加しメノ・ファン・デルフト氏やミクロス・スパーニ氏のレッスンを受けユトレヒト音楽祭でも室内楽を演奏されました。また、3月にはクリストフ・ルセのイタリア・フィレンツエの講習会にも参加しました。

2018年大阪国際コンクール 「アーリーミュージック部門」でエスポワール賞を受賞され、チェンバロプレジャーでも準グランプリを受賞されています。

★佐藤大介さん

幼少の頃よりピアノを習い多くのコンクールを受けていらっしゃいました。1年前よりチェンバロを始められ、2018年、見事チェンバロプレジャーのグランプリを受賞され、精力的に色々なレパートリーに取り組まれています。

どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

場所:松本記念音楽迎賓館
東急田園都市線「二子玉川駅」&小田急線「成城学園前駅」よりバス。

アクセス:http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

京都の新緑

新学期が始まり、毎週月ー水曜日は京都の同志社女子大学と京都市立芸術大学(前期のみ)へ通っています。
約20名のピアノ科の生徒に副科チェンバロをのレッスンさせて頂いています。

ピアニストを目指している若い学生に、私自身ピアノ科の時には知らなかった様式やチェンバロのアーテイキュレーション、鍵盤音楽の発展などを親しみやすくお伝えさせて頂ければと工夫をしています。

いつの間にか、毎回富士山を見るのが趣味になりつつあります・・・雄大で素晴らしいですね。

昨年の前期は朝起きて新幹線ーレッスンを1日中して日帰りで夜中に戻ってきていましたが、京都駅構内から出たことがなく、トンボ帰りでした。
後期は前泊をしないと授業始業に間に合わない為、紅葉の季節など京都を散策しました。

同志社女子大のカフェテリア。まるでホテルのようにパノラマのガラスから豊かな自然が見えます。

京都の祇園にある高台寺は、紅葉の季節も大変素晴らしかったですが桜が散った今でも新緑の美しい季節です。

祇園の建仁寺は牡丹の花が満開でした。

京都は、1年いつでも美しいのですね!

 

 

お花見3:高井戸

毎年、井の頭線の高井戸駅から桜がピンクのカーペットのように見えます。
一度行ってみたいと思い、散る間際に最後のお花見へ行ってきました。

夕日に照らされて、とても綺麗でした。

お花見2:井の頭公園

毎年、お花見&紅葉の季節は井の頭公園へ行きます。
江戸時代に歌川広重も描いている芸の神様である弁天神が今も祭られています。
今でも、湧水が出ていてとても美味しいです。

吉祥寺近辺でお時間のある時に、お勧めのお散歩コースです。

 

お花見1:目黒川

皆様こんにちは。
今年の桜は長く咲きましたが、お花見を楽しまれましたか?

恵比寿レッスンの前に満開の目黒川へ行ってきました。

淡いピンクが日本らしいですね。

2019 日仏合同ピアノ発表会終了

2019年2月3日(日)Kay Music AcademyとAFJ Atelier de piano (在日フランス人のためのピアノレッスン)の合同ピアノ発表会が無事に終りました。
講師5名を含む28名の演奏が約3時間に渡って行われました。

  親子3人の6手連弾とは楽しいですね!6 hands with a mother and her children.What a fun!

今回は、初めて渋谷のAtelier by APCのSalle Debussy ドビュッシーホールで開催致しましたが、とてもアットホームなフランス的な雰囲気の中で行われました。

 1年前に初めてピアノを習ったフランス人の生徒も、晴れ舞台となり日仏のお友達が沢山聞きに来て下さいました。

日本人とフランス人の生徒を混ぜての順番で、同年代の国際交流にもなればと思いました。
日本人の生徒は、HelloやBonjour(ボンジュール)とフランス人の生徒に挨拶し、フランス人は”こんにちは”を日本語で挨拶をして隣り合わせで座ったり、リハーサル、本番を行いました。

 懇親会

また、1部と2部の合間にはサンドイッチ、軽食と共に懇親会を行いました。
皆様リラックスして音楽と共にお楽しみ頂けたようです。

 

今年一年の成果が存分に出た素敵な発表会になりました。

春ももうすぐですね!

La seconde édition du concert annuel de piano s’est tenue ce dimanche 3 Février à Shibuya et a été un succès.
Le concert a rassemblé 9 élèves Français et 25 élèves Japonais dans une ambiance accueillante et familiale, tel un concert de salon qui aurait pu se dérouler en France. Tous ensemble, les participants ont partagé un moment de convivialité et de partage. Les 5 professeurs étaient également présents et ont pu jouer des pièces préalablement introduites en français et en japonais pour satisfaire l’ensemble des spectateurs.
Ce jour était particulier puisque les Japonais y célébraient le Setsubun, cette tradition qui consiste à lancer des graines de haricots grillés par les fenêtres en criant “oni wa soto fuku wa uchi”, ce qui signifie “dehors les démons et dedans le bonheur”.
Un public nombreux est venu assister au concert et a pu apprécier de nombreux morceaux, aussi beaux que variés. Les élèves ont pu démontrer leurs progrès de ces derniers mois, faisant la fierté de leurs proches et de leurs professeurs.

Ainsi, l’un des élèves adultes ayant débuté l’apprentissage du piano il y a un an a pu délivrer son ressenti: “Nous avons passé un très bon moment, et nos amis Japonais et Français ont aussi adoré! Merci encore pour l’aide des professeurs et pour nos leçons ensemble. Pouvoir jouer un concert, même avec des morceaux simples, au bout d’un an seulement est extraordinaire !”. Nous vous donnons rendez-vous l’année prochaine pour un nouveau concert de piano!

2019年フランス・アメリカ公演

3月に久しぶりにフランス・アメリカ公演を行います。

 

①3月1日(金)フランス・ナント 

【2台チェンバロ】 チェンバロ:ジョスリーヌ・キュイエ&植山けい

プログラム:J.S.バッハ:音楽の捧げもの、ルルー:組曲、フランソワ・クープラン第8オルドルよりアルマンド他。

Récital à deux clavecins

Date: 1 mars 2019 – 20:30 Lieu: Temple Protestant Addresse: Place Edouard Normand Ville: Nantes (44) Réservations: 02 52 10 16 21 – Billetterie sur place Jocelyne CUILLER & Kay UEYAMA, clavecins

②3月5日(火)フランス・ポワッシー

室内楽コンサート (チェンバロ、オルガン、カルテット、歌)

プログラム:スカルラッティ:ソナタ、フランソワ・クープラン:王宮のコンセール第1番ほか

場所:ノートルダム コレジアル教会、ポワッシー

a 20h30 le 5 Mars,2019

a La collégiale Notre-Dame de Poissy L’orgue, le clavecin, la quatuor

③アメリカ・ボストン 3月15日(金)20:30 ●バッハプログラム

ケンブリッジ、ハーバード大学近く

J.S.バッハコンサート:ヴァイオリンソナタ第4番、5番、6番、カンタータBWV

詳細:http://masspeaceaction.org/event/music-for-peace-all-bach-program/

Sonatas and Arias of Bach March 15 @ 7:30 pm – 10:00 pm

Harvard-Epworth Methodist Church 1555 Massachusetts Ave. Cambridge, MA United States Music for Peace:

 

  • Baroque violin: Dana Maiben, Harpsichord: Kay Ueyama, Soprano: Junko Watanabe
  • All Bach program:
  • Music by Johann Sebastian Bach (1685-1750)
  • Violin Sonata No.4 c minor BWV1017
  • Cantata BWV 76 “Hört, ihr Völker”
  • Cantata BWV 58 “Ich bin vergnügt in meinem Leiden”
  • Violin Sonata No.5 BWV1018 f minor  
  • Partita for harpsichord: No.1 BWV 825 B flat major
  • Cantata BWV204 “Die Schätzbarkeit der weiten Erden”
  • Violin Sonata No.6 G Major BWV1019

④3月16日(金)ケンダル バッハプログラム

at 17:00, Friday 16th March, in Kendal  ●Bach program

⑤3月17日(土)ウッドストック、ニューハンプシャー州 バッハプログラム

at 14:00, Saturday 17th March in Wood stock church ●Bach program

 

謹賀新年2019

新年明けましておめでとうございます。

昨年はお蔭様でバッハ:パルティータCDの発売、コンサート、講座が無事に終り、お越し頂きました多くの方々に感謝申し上げます。

今年も楽しい音楽に満ち溢れた年にして行きたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

10-12月 通奏低音講座6回シリーズ

皆様こんにちは。これから益々秋も深まってまいりますね。

この度、チェンバリストの大先輩の曽根麻矢子さん主催の通奏低音講座をご一緒にさせて頂くことになりました。

通奏低音を学び、学ぶだけではなく、実際にトラヴェルソやガンバと共にアンサンブルを経験できる貴重なこの機会。是非参加してみませんか?

アンサンブルを通じ、チェンバロのもつ奥深さ、彩り溢れる表現も学べることと思います。最終日の発表会は、完成形を披露する!!というよりはむしろ、受講者様を囲み、お互いに成果を演奏する‥といった趣旨のものになるかと思います。

ご参加を心よりお待ちしております。

《通奏低音講座(全6回)【入門・初級・中級】
~基礎演習と実践〈トラヴェルソとガンバと共に〉~》

【内容】
全6回のレッスンを通して、J-F.ダンドリューの教本での基礎演習、
J-M.オトテールのトラヴェルソのための組曲での実践を通して、通奏低音の基本を身につけます。

※初級の方には、お申込み時点で、こちらで用意した教材のデータをお渡しし、
第1回目10/27(土)までの宿題をお伝えいたします。

●講座日程(全6回レッスン)
①10/27(土)
②日程未定
③11/24(土)
④12/8(土)
⑤12/15(土)
⑥12/22(土)発表会

※時間は、全回10:00~17:00枠内を予定しておりますが、参加人数により、枠内での開始時間や終了時間の変動があります。

午前中は、ダンドリウの演習をグループレッスン。午後は各生徒に担当して貰うオットテールのレッスンを行う予定です。
※①~⑤のいずれも、欠席の場合は補講が必須となります。
※②のみ、日程調整後に別会場でのレッスンとなります。

会場
松本記念音楽迎賓館(東京都世田谷区岡本2-32-15)

●受講料
①~③10.000円(各回毎)
(個人レッスン

初級:植山けい
中級以上 曽根麻矢子

④~⑤15.000円(各回毎)
(トラヴェルソとガンバとのアンサンブルレッスン/曽根麻矢子)

⑥発表会7.000円(参加費として)

●お申込み
03-3709-5951 (松本記念音楽迎賓館)

※申込み締切日:10/22(月)

※受講申込みの際は、
お名前とお電話番号、「通奏低音講座受講希望」とお伝えください。

松本

松本記念音楽迎賓館へのアクセスはこちらをご覧ください。

●成城学園前または二子多摩川園前よりバス

http://ongakugeihinkan.jp/access/

 

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy