• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

ダングルベール:プレリュード 3/3公演のご案内

皆さまこんにちは。
夏日の後に、再び冬が戻ってきてしまいました。
さて、いよいよ3日3日(日)桃の節句「2台チェンバロの饗宴」の公演まで1週間となりました。
2台だけでなく、ダングルベールの心静かなプレリュードも演奏予定です。また、リュリのオペラのダングルべ―ルが編曲した序曲とファエトンのシャコンヌを続けて2台チェンバロでお楽しみ頂きます。
なかなか聞く機会のない豪華2台の響きです!
ご興味のある方は、是非お越し下さい。

2024年3月3日(日)
チェンバロ:植山けい&八島優
開演:19:00 (開場:18:30)
ルーテル市ヶ谷ホール

♪チケットお申込み

オンラインはPeatixのサイトよりどうぞ。

東京古典楽器センター 03-3952-5515

メール candkconcert@gmail.com

自由席:一般 5,000円、ペア券 9,000円
学生券:3,000円

3/4 八島優 公開レッスン曲目

春一番が昨年より14日早く吹き、梅が満開となりました。

さて、3/3(日)ルーテル市ヶ谷ホールでの【2台チェンバロの饗宴】の準備を進めております。残席ございますので、ご興味のある方は是非お越しください。

また、公演翌日に開催されます、八島優さんによるイタリア音楽の【チェンバロ公開レッスン】を桜上水・西永福のスタジオ・ピオテイータ(アクセス)にて開催させて頂きます。

~レッスン曲目~
①13:00-13:55

Alessandro Scarlatti: “Arpeggio” と”Fuga” g-moll

A.Macinanti とF.Tasiniが編纂した楽譜
Toccate e Composizioni Varie (Ut Orpheus Edizioni )の第二巻 P. 57

②14:00-14:55

Domenico Scarlatti:Sonata K.544,545

10分休憩

③15:05-16:00

G.Frescobaldi: Capriccio XII sopra l’Aria di Ruggiero

④16:05-17:00

M.Rossi:Toccata Settima d-moll

1日聴講料:一般3,000円、学生2,000円
20名限定

【お申込み方法】

※受講生は〆切ましたが、聴講生は募集中です。

Peatixよりお申込み(外部、Peatixのサイトへとびます。無料でご登録頂きお申込み可能です)

または、以下のGoogleお申込みフォームよりお願いいたします。(ゆうちょお振込)

写真はボローニャ:タリアヴィーニコレクションより

2024年3月3日(日)2台チェンバロの饗宴

2022年-2023年ミラノ在住のチェンバロ奏者・八島優さんを講師にお迎えしてオンライン講座9回と東京公演を行って参りました。
ご参加頂きました皆様に心よりお礼申し上げます。
CM①パリの風景とダングルベール編
2024年3月3日(日)市ヶ谷ルーテルホールにて、八島優&植山けい【2台チェンバロの饗宴】公演
3月4日(月)スタジオピオティータにて八島優:チェンバロマスタークラス(ソロ・アンサンブル)を開催致します。
八島優さんの演奏&解説をどうぞお楽しみ下さい。
CM②A.ヴィヴァルディ作曲:協奏曲RV230をJ.Sバッハが編曲した協奏曲BWV972について
ミラノより来日される、八島先生のイタリア語の響きのように生き生きとした演奏、そして2台チェンバロの豪華な曲を皆様にお楽しみ頂けましたら幸いです。また、マスタークラスの受講生、聴講生合わせて募集中です。
CM③バッハ:2台のチェンバロのための協奏曲BWV1061

【お申込み方法】

Peatixよりお申込み(外部、Peatixのサイトへとびます。無料でご登録頂きお申込み可能です)

または、以下のGoogleお申込みフォームよりお願いいたします。(ゆうちょお振込)

東京古典楽器センター (03)3952-5515

イタリア・ボローニャ楽器博物館2

ボローニャの楽器博物館の続きです。
①ペダル付き1820年スピネットと書いてありますが、フォルテピアノと思います。

②スクエアピアノ

ひざレバーのペダルがありますね。

ボローニャで制作された楽器です。

④1799年ミラノ、Baldassare Pastore製作、タンジェントピアノ

⑤フリッツ、ウィ―ン製作、1810年

⑥Mozartが好きだった1810年ウィーン製作、ヴァルターのフォルテピアノ

⑦ウィーン製1820年シャンツ 美しい装飾もされ、ペダルがファゴットの音、打楽器の音など音色を変化することができます。

同じくMozartが愛したウィーン製 1833年シュタインのフォルテピアノ。

時代が新しくなるにつれ、より大きな会場の為に音量を求め、ピアノの構造が重厚になり、音域が広くなっていますね。

まだまだ数えきれないほど楽器がありました。是非、イタリアへ行く機会のある方はBolognaに立ち寄ってみて下さい。

 

イタリア・ボローニャ楽器博物館1

イタリア、ボローニャにある楽器博物館へ行って来ました。

San Colombano. Collezione Tagliavini

今は亡き、イタリアの巨匠オルガニスト、チェンバリストであるタリアヴィーニさんの素晴らしい楽器コレクションが教会に展示されています。

今でも頻繁にコンサートや講習会などが行われています。

オルガンからチェンバロークラヴィコードーピアノと数えきれない楽器が展示されています。

素晴らしいフレスコ画の残る教会内に展示されいます。

作者不詳、イタリア、18世紀後期のダルシマー

⇑ピアノの祖先の楽器です!

イタリア様式のチェンバロは細い足、1段鍵盤が多いです。

イタリア様式のチェンバロは装飾が派手な外のケースと別に、中にチェンバロが入っていることが多いです。

 

フランス・パリ

パリには、今でもフランソワ・クープランがオルガニストを務めていたサン・ジェルヴェ教会がパリ市庁舎の後ろにあります。

セーヌ川を渡ってマレ地区へ行く途中の大好きなお散歩コースです。

今も修道女と修道僧がミサを行っています。

クープラン一家が演奏していたオルガン

ステンドグラスと高い天井で素晴らしい響きがするのでしょうね。

スカルラッティ:ソナタK.141 植山けいライブ録音♪

2021年リサイタルのスカルラッティソナタを2曲公開致しました。

対照的な2曲ですが、素晴らしい名曲です。どうぞお楽しみください。

①ゆったりとしたK.213 Andante

②スペインのフラメンコの影響を受けているK.141 Presto

 

J.S.Bach:イタリア協奏曲 2021年ライブ録音 公開

2021年東京リサイタル・ライブ録音

チェンバロ:植山けい J.S.バッハ:イタリア協奏曲

第1楽章
第2楽章アンダンテ
第3楽章プレスト
どうぞお楽しみください
J.S.Bach : Italian Concerto
1st movement
2nd movement:Andante
3rd movement: Presto
Tokyo Recital in 2021 Harpsichord:Kay Ueyama Live recording
Please enjoy!

Duphly:Chaconneビデオ公開しました!

皆様、こんにちは。
師走の忙しい時期ですね。
今年はどの様な年だったでしょうか。

猛暑からあっという間に、年末になった印象です。
4年ぶりに訪れたイタリア・フランスで多くのインスピレーションを貰い、2024年3月3日(日)ルーテル市ヶ谷ホールでの公演で演奏させて頂く、バハ:2台のチェンバロの為の協奏曲C-durとc-moll、フランソワ・クープラン、ダングルベールの名曲の練習に励んでいます。

さて、2021年東京リサイタルで演奏させて頂いたデユフリ作曲:シャコンヌを公開致しました。フランスバロック音楽らしい、踊りだしたくなるような軽快な3拍子による舞曲です。

どうぞお楽しみください。

また、お陰様でYoutubeチャンネル”植山 けい Kay Ueyama”の登録者数が731人となりました。Youtubeのロゴをクリックすると、色々な動画をご覧頂けます。

今後も、チェンバロの魅力をお楽しみ頂ければ幸いです。

♪ 公演のご案内
2024年3月3日(日)市ヶ谷ルーテルホールにて、八島優&植山けい【2台チェンバロの饗宴】公演
3月4日(月)スタジオピオティータにて八島優:チェンバロマスタークラス(ソロ・アンサンブル)を開催致します。
ミラノより来日される、八島先生のイタリア語の響きのように生き生きとした演奏、そして2台チェンバロの豪華な曲を皆様にお楽しみ頂けましたら幸いです。また、マスタークラスの受講生、聴講生合わせて募集中です。

【お申込み方法】

Peatixよりお申込み(外部、Peatixのサイトへとびます。無料でご登録頂きお申込み可能です)

または、以下のGoogleお申込みフォームよりお願いいたします。(ゆうちょお振込)

東京古典楽器センター (03)3952-5515

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy