• Go to Japanese Page
claveciniste et pianofortiste

動画 チェンバロのレジスター

皆様
急に寒くなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、チェンバロというピアノが発明される前の15世紀-18世紀に演奏されていた鍵盤楽器について動画を作成しました。

どうやって強弱を変えているのか、分かりやすくご説明しています。
どうぞご覧下さい。

京都市立大学オンライン集中講義 終了!

長い猛暑が終わり、やっと秋らしくなってきました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
この夏は、休みは全くありませんでした。
なぜかというと、9月半ばに京都市立芸術大学で予定されていた集中講義15コマが全てオンラインとなったからです。
本来ならば、京都へ行き3日間10am-5pmの5コマを続けて行ってきました。
この講義は、私が過去20年に世界中のチェンバロやフォルテピアノの楽器博物館やコレクションを回り実際に弾いて発見したことを、是非ピアノ科の学生にも感じて欲しいと思い構成されています。
講義の1/3は実際にバッハをチェンバロで皆の前で演奏して頂く内容です。
しかし、オンラインの場合はそれができない!
また、楽器の写真や説明の600枚のパワーポイントをただ見てもつまらない・・・
授業中は関連のあるバッハやフランス音楽、スカルラッテイ、また各様式の比較を私自身がチェンバロで弾いて目の前で聞いて感じて貰う方法でした。
それもできない・・・
さて、どうするか?
オンラインで15コマをどの様に構成すれば一番分かりやすいのか考えた末、スライド600枚にチェンバロやバロックオーケストラの音源をBGMとして埋め込み、動画ビデオにすることにしました。
また、バロックダンスの講義では、舞踏譜を見ながらダンサーが横で踊って、音楽を聴いて関連性を感じて貰えるように多くの動画を埋め込みました。
なかなか、メヌエット、ガヴォット、パスピエ、サラバンド、パッサカリアの違いなどバロックダンスを体験していない場合は想像しにくいため、見るのが一番早いと思ったからです。
結果、7-8月の猛暑は浪人生の様に籠もって1日8-10時間かけてどうにか1ヶ月半でビデオ16個を仕上げました。当初予定していた講義日程よりも3週間早く学生へ公開して、好きな時に見てオンラインでテスト16個に感想なども添えて提出=出席扱いとしました。
また、実技の演奏の指導をどうするのか考えました。本来、授業中に演奏して頂くのを講義2週間前にビデオ提出して貰い、35名全員にコメントを書いていき、気が付いたら50ページ以上の内容になっていました。

 

全体的に問題点が浮き彫りとなりました。
1.装飾が適当→バッハの装飾表があるのに、きちんと確認しないで弾いている人が多い
2.和声→一体何の和音の中で書かれているのか分析をしていない。
3.終止形→和声を聞かない為、終止形があっても通り過ぎて弾いている
4.曲最後のRit→ほぼ全員がやり過ぎていました。
このことから、コメントを全員に返却後は講義の3日間でピアノ科の約30名のみ2回目はzoomのオンラインで皆の前で演奏して頂くことにしました。
すると、
皆さんコロナのこともあり、最近は人前であまり演奏していなかったという緊張もあったようですが、1回目の録画演奏よりも練習して上達していました。
1日1人8分x10名で3日間30名という限られた時間でしたが、インベンション・シンフォニア、パルテイータ、フランス組曲、イタリア組曲、フランス風序曲のオンラインレッスンをさせて頂きました。
やはり実技は実際に演奏して頂き、こちらもチェンバロで弾いて見せないとなかなか分からないことが多いです。
勿論、音質は圧縮されてしまいますが、椅子の座り方、体の重心の掛け方、タッチ、手首や腕の使い方、呼吸なども含めて色々なことが動画で分かります。
また、装飾はバロック音楽において非常に重要なので、ダングルベール、バッハ、フランソワ・クープランの装飾表を実際にチェンバロで弾きながらご説明させて頂きました。

下はダングルベールの装飾表、上はバッハがそれを写譜したもの

バッハの装飾表
初日と3日目は全員の生徒に、各自の音楽観(日頃、どの様なことを感じて音楽をしているのか)、将来どの様な音楽家になりたいのか、など話して貰いました。
嬉しかったのは、チェンバロの構造や強弱をレジスター(上鍵盤、下鍵盤、4フィートの3本の弦の組み合わせで変えられること)や各国の様式や装飾の違いを知って貰えたこと。
また、3名ほど”バッハは苦手”、”バッハはつまらない”と感じていると初日に話していた学生が、2日後のインタビューでは、”こんなにバッハが自由で良いと思わなかった”、”バロック音楽の楽しさが少し分かった”など、イメージを払拭できていたことです。
講義ビデオで様々なチェンバロやオルガン、クラヴィコードの演奏を聴いて、同じ曲でもこんなに奏者や楽器によって異なるのかと感じ、オンラインレッスンでより自由な表現を見て驚いたようです。

特に17世紀フランス音楽のルイ・クープランの小節線のないプレリュードは、全て全音符で書かれており、テンポと小節が設定されていません。
まるで、即興演奏のように自由に弾く様式です。
こんなジャズみたいなスタイルがバロック時代にあったなんて・・・と目から鱗だったようです。
実際、このプレリュードについて説明した講義ビデオのアンケートに実際に弾いてみたいか聞いたところ、
1.分からない・未知の世界
2.興味はある
3.弾いてみたい
の見事に3等分に分かれていました。
その中から、弾いてみたいと答えた3名に弾いて頂いたところ、3者3用の異なる演奏で聞いていた他の生徒も大変面白かったようです。
また、作曲科の生徒にその場で、同じ和声で自由に即興して頂きました。
何とも素敵な現代&バロック風なパッセージが入り交じった即興演奏で、私も拍手をして新鮮でした。
始めはオンラインで一体大丈夫かと大いに心配しましたが、講義ビデオ(オンデマンド)とzoomのオンラインレッスン90分x4回で、チェンバロ奏法について実際に弾きながら説明したことで、ピアノとの違い、またピアノ奏法にもいかせる色々なヒントをお伝えさせて頂きました。
今後は、オンラインレッスンや講義が世界的にも用いられて行くと思いますが、色々な可能性があると思います。
しかし、演奏だけを純粋に聞きたいときは、勿論生演奏以上に素晴らしいものはありません。
音の余韻、生まれる瞬間はその時、その場に集っていらっしゃる聴衆の皆様とご一緒に生まれるライブ感が何よりも醍醐味だと思います。
また、安心してチェンバロを皆様にお楽しみ頂ける日が来ることを心より願っています。

子供向け【動画】チェンバロのおはなし

皆様こんにちは。

大学の講義に使用している資料を幼稚園生から分かりやすく理解できる資料にさせて頂きました。

ピアノでもメヌエットやガヴォットなど、バロック時代の曲を沢山演奏します。
その時代は、まだピアノの前のチェンバロで演奏されていました。

どんな楽器なの?
音色は?
バッハやモーツァルトも弾いていた楽器を聞いてみましょう。

お母様とご一緒に楽しんで頂ける内容になっています。使用している音源は全て私の演奏です。
どうぞお楽しみください。

【東京都アートにエールを】動画さくら・バッハ:アリア

皆様こんにちは。

梅雨が続いており、楽器にとっては1年で一番管理の難しい時期ですね。

 

さて、東京都の【アートにエールを】という芸術支援プロジェクトで、チェンバロの動画演奏が公開されました。

今回は、2年前にロンドン&ケンブリッジ大学で演奏させて頂いた「さくら」バッハ:ゴルトベルク変奏曲よりアリアをチェンバロで演奏させて頂いています。
曲やチェンバロの説明もさせて頂いております。

どうぞお楽しみください。

Here is a video link of Tokyo art project.

I’m playing a Japanese piece “Sakura” and the aria from the Goldberg variations. Please enjoy!

 

【動画】スカルラッティ ソナタ

皆様こんにちは。
イタリア、ナポリ出身のドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)はバッハ、ヘンデルと同年生まれ。555曲のソナタを残し、この曲は手の交差や跳躍、フラメンコ💃を思わせる和音が魅力です。
快活な曲、しっとり美しい曲など様々です。

 

是非、鍵盤を弾いている方は数曲お好きな曲を弾いてみて下さいね。

Essercizi per gravicembalo(consists 30 sonatas) by Domenico Scarlatti was published in 1739 in London.

ドメニコ・スカルラッテイ 「チェンバロのための練習曲」(ソナタ30曲)は1739年にロンドンで出版されました。読みやすいのでそのまま弾けます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.56 c-moll.  ソナタ.56ハ短調

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.213 d-moll.

This is one of my favorite&calm piece.
ドメニコ・スカルラッテイ ソナタニ短調 心が安らかになる素敵な曲です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.492 D-dur.

It’s a very fun piece with flamenco rythm and scales.
ドメニコ・スカルラッテイ ソナタニ長調 陽気でフラメンコのリズミックや速い音階が駆け抜けます!オーレッ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

 

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.17 h-moll.This piece is mainly written with cross hands.It’s written “Allegro”,but I find these beautiful harmonies are also melancholic.

ドメニコ・スカルラッテイ ソナタ17番ロ短調 左手の交差で美しいメロデイを奏で、右手は和音の色を醸し出すステキな曲です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

【動画】小節線のないプレリュード

皆様こんにちは。

17世紀フランスのクラヴサン曲の特徴として、「小節線のないプレリュード」というスタイルがあります。
これは、リュートなど弦楽器の様式をそのままクラブサンへ踏襲した形です。

その為、和音は一緒に演奏するのではなく、ド~ミ~ソ~とずらして弾きます。
また、弦楽器の響きに近いチェンバロ(伊語)は音の減衰が速いこともあり、ずらして弾いた方が音が次々へと生み出され音が持続すること、またその方がエレガントに聞こえます。

フランス語やフランス音楽においてはclavecin クラヴサンと表記することが多いです。英語ではハープシコードです。

この小節線のないプレリュードの中でも多くの名曲を残した作曲科にダングルベール(1629-1691)ルイ・クープラン(1626-1661)がいます。18世紀以降の小節やテンポの決まった曲とは異なる自由さが素敵です。

ダングルベール:クラブサン曲集 1689年初版譜

ダングルベールの装飾表は、丁寧に書かれています。

クラヴサン曲の中でも華やかな装飾が魅力なのですが、滑らかに弾けるようになるまでは一苦労!

バッハも写譜をして、彼の装飾表にも同じ記号が用いられフランス音楽からの影響が伺えます。

動画は楽譜2枚目から最後までの演奏です。ご覧頂くと面白いと思います。

ト短調のプレリュートの楽譜(2枚)です。まるで宇宙に♪が浮かんでいるようですね。

演奏者により間の取り方は自由です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Louis Couperin(1626-1661):Prélude à l’imitation de Mr.Froberger. Please enjoy with a glass of wine( in the painting!)

This prélude is written in 17th centry improvising free style.

ルイ・クープラン: フローベルガー氏の模倣よる前奏曲

 ルイクープランの自筆譜はなく、パリ国立図書館に残されているボアンの手稿譜

この曲の冒頭。ルイ・クープランのプレリュードは全て全音符で書かれています。その為、奏者が和音の音、メロディ、装飾など分析をして大事な音は長めに弾くなど即興的に弾きます。

チェンバロに描かれているワインの絵とご一緒にお楽しみ下さい。
この曲は小節線がなく即興的なスタイルで書かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

 

【動画】ラモー:1つ目巨人

皆様こんにちは。

ラモー:「1つ目巨人」という面白い題名の曲をご紹介致します。

冒頭から勢いよく始まり、手の交差が随所に散りばめられています。

手の動きを上から見たら面白いかな?と思い撮ってみました。

 

冒頭部分のテーマから

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

中間部の交差の部分です。冒頭と同じテーマから違うメロディへと発展します。

東京オペラシテイ近江楽堂にて2018年9月。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Instagram【動画】ラモー:悲しい嘆き

快晴が続いています。
そして、今日は東京都の緊急事態宣言が解除されました
世界中で3月から始まった異例の自粛期間が終わり、ほっとしている方々も多いかと思います。まだまだ予断を許さない状況かと思いますが、どうぞ皆様が健やかにお過ごしになれることを願っております。

音楽家にとって、メインの活動場所であるコンサートの多くが中止になっています。世界中のコンサートや音楽祭、音楽家に影響が及んでいます。
今後落ち着くまでは色々な対策をしていかなければなりません。

音楽の大きな魅力の1つに、多くの人と共感できることです。
音の生み出される瞬間に立ち会うことで、多くのことを感じます。それが、ライブならでは素晴らしさです。

2020年11月6日(金)19:00 東京オペラシテイ 近江楽堂でのリサイタルは公演予定です。会場において消毒などできる限りのことを準備をさせて頂きたいと思っております。また、皆様とコンサート会場でお目に掛かれることを楽しみにしております。

普段からよりチェンバロを身近に感じて頂きたいと思い、インスタグラムに動画の投稿を始めました。

2018年9月近江楽堂でランチタイムコンサートを行った際のリハーサルより。ラモー:悲しい嘆き

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

チェンバロの素敵な名曲をお届けできればと思います。
1分のコンサートですが、音楽と共に心が軽やかに感じられる時間になれば・・・と願っております。

では、前向きに頑張って行きましょう!

チェンバロのメンテナンス

皆様こんにちは。

欧米では外出禁止令が5月まで続いており、日本全国でも緊急事態宣言が出されました。

一日も早く全世界が安心して生活できる状態になることを心より願っています。

 

さて、こんな時だからこそ、思い切ってできること!
そう、楽器のメンテナンスです。

これは、レッスン&コンサートがお休みの時しかできません。

音楽教室のピアノは両方とも3月に調律をして頂きました。

調律師の方より、冷暖房を使用する期間は狂うので使用していない期間に調律をした方が良いということで、春先にして頂きました。

  グランドピアノの内部(ピアノはハンマーで弦を叩きます。モーツァルト時代は色々な種類のウサギの毛を使ったり、鹿の皮など色々な材質により音色が異なります。現在はフェルトを使用しています)

また、現在久我山のチェンバロをメンテナンス中です。

  2段チェンバロの鍵盤の内部(チェンバロは、弦を爪の様なプラクトリウムという1-2ミリの部分で弾いて音を出します。お箏やハープに近い音色です。昔は鳥の羽を削って使用していました。現在はプラスチックで代用したり、昔ながらに鳥の羽を使用します)

かれこれ、パリからこのチェンバロと共に本帰国をしてから9年が経ちました。

楽器も日々使用するだけでなく、きちんと労わってあげないといけませんね。

ということで、鍵盤を全て出して1つ1つのキーや弦を弾くジャックをメンテナンスしています。

途方もなく時間がかかる作業ですが、良い音になることを願って!

チェンバロのタッチは、数ミリの差で音色が変わります。

弦を弾くのに必要な打鍵は上から3ミリ位でしょうか。ピアノよりも鍵盤が浅く、軽いため、指先の繊細な感覚が大変重要となります。

そして、そのタッチの伝達をより良くする為にメンテナンスを行ています。

どんな音に生まれ変わるのか楽しみです!

  湯布院名物のJazz羊羹。チェンバロの鍵盤は白黒が反対ですね。

世界中で目標に向かって

皆様こんにちは。

暖かい日和が続いていますが、コロナウイルスのことがまだまだ心配です。

フランスやアメリカのニュースを見ていますが、欧米の状況はかなり深刻です。既に、イタリアやフランスでは約1ヶ月が過ぎようとしています。

フランスでは、外出の際には目的、1キロ以内、1時間以内の外出と記載した紙を持っていないと罰金が課されます。始め35ユーロ位だったのが、135ユーロ、遂には2回、3回目に違反すると30万以上もの罰金を支払うそうです。それだけ、外出禁止令が出たばかりの頃は、人々の認識が低く南仏では海岸へ行ってしまう人々を注意する警察官の姿などが映っていました。

現在は、多くの感染者と医療崩壊を防ぐためにTGVの高速列車の中に仮設ベットと医療機器を設置して、受け入れ可能な地方の病院や軍のヘリコプターで隣国のドイツなどへ搬送しているそうです。

そんな中、欧米にいる私の音楽仲間達はどうしているのか心配で連絡を取っていますが、皆せっせと目標に向かって毎日を過ごしています。

4月にイタリアでコンサートを一緒にするはずだったピアノ&チェンバロ奏者は、3月にパレルモで予定していた全曲スカルラッテイのソナタで構成したコンサートがキャンセルになってしまったとのこと。気分転換にイギリス組曲を弾いているそうです。NYの友人は毎日バッハの難曲、ゴルトベルク変奏曲(全30変奏曲)を毎日1曲ずつ動画配信、去年一緒にフランスでコンサートをした同僚は、バッハ:平均律(48曲)を弾き始め、オランダにいるアムステルダム音楽院へ留学中のルームメートだったフォルテピアニストはモーツァルトのソナタ全曲を弾いているとのことです。

皆、今しかできない目標を作り、着々と日々向かっています。そんな姿に勇気付けられますね。

 

残念なことに、私も4月に予定していたローマ公演、5月&6月の東京公演も中止、延期となりました。

しかし、気分転換と新たな目標に平均律全曲を弾き始めました。長いマラソンの様ですが、美しい旋律や難解なフーガを弾いてると、「バッハはどれだけの時間と労力を費やしてこれらの名曲を書いたのだろう」と改めて偉大さを感じます。1か月どころか1年以上かかるかもしれません。

どんな状況でも音楽があることで生活に軸ができます。

パリにいるピアニストの友人とビデオで話したら、「10日間一歩も家から出ていない」とのことでしたが、お部屋には素敵なシャクヤクのお花が飾られ、ゆったりとした時間の中で日々をポジテイブに過ごしているようでした。

お花は在庫が余っている生産者を助けようという動きから、ネット注文をして宅配でドアの前に置く配達方法で届くそうです。

既に、パリの音楽教室では4月は全てのレッスンをお休みとなり、個人レッスンの生徒はオンラインレッスンで行っているそうです。

お話をした後、10日ぶりに歩いたサン・ルイ島の写真を送ってくれました。

素敵な夕日ですね。ノートルダム大聖堂の焼け跡が、まだ痛ましいそうです。

 

私がパリ留学から本帰国する時にも、このノートルダム大聖堂の大きなカリオンが鳴り響いていました。

全世界で安心できる環境に一日も早く戻ることを願うばかりです。

Blog archives

Latest blog entries

Kay Music Academy